キッチンカー(移動販売)の収支計算

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>

 

キッチンカー(移動販売の収支計算)


キッチンカー(移動販売)ビジネスに限る事では無いですが、やはり事業をスタートさせる以上、事業計画は必要になってきます。

 

大手企業がキッチンカー(移動販売)に参入する場合、または個人で独立する場合、様々あり、当然規模間も異なってきますが、本項では一番多い「個人」でキッチンカーを開業する場合の収支イメージ及び目標値については書いて行きます。

 

<営業スタイルについて>

キッチンカーの営業スタイルを大きく分けると2パターン。

 

・平日の営業

⇒オフィス等でのランチ営業や店舗軒先等の常設営業

 

・土日祝日の営業

⇒各所で行われるイベントでの営業

 

に分かれます。

 

上記の2パターンで若干収支構造も変わってきますので、収支計画を立てる事が大切です。本来細かい部分もありますがいったん大まかに確認をしておきましょう。

 

以下計算材料

<平日営業の費用項目

場所代(出店料)の目安:売上の10%~15%

食材原価の目安:売上の35%

その他雑費(燃料費等):売上の5%

 

<土日祝日営業の費用項目>

場所代(出店料)の目安:売上の15%~20%

食材原価の目安:売上の30%

その他雑費(燃料費等):売上の5%

 

<ワンオペレーションの目標値及び限界値>。

平日営業:目標値¥30,000~限界値¥50,000

土日祝日営業:目標値¥35,000~限界値¥100,000

 

<開業当初の稼働日数>

平日営業:15日

土日祝日営業:10日

※少々厳しいかもしれませんが、キッチンカーに限らず立ち上げから週休2日は難しいのが現実です

 

上記の情報を踏まえ最低目標値及び限界値の収支計画は以下のような図になります

 

 

 

創業時からいきなり複数人での経営はキッチンカー(移動販売)では少々厳しい部分もあり、まずは上図の限界値を最大目標にして運営を行って行きましょう。

 

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>