キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>

レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?


良くウェブの記事で目にするのが

「○○の保健所は厳しい」と言う言葉です。

 

何故そんな情報が流れるかは全く不明ですが、ちゃんとしたルールに沿って物事を進めれば「厳しい」事も「難しい」事もありません

 

本記事ではキッチンカー(移動販売)の営業許可について記載していきます。

<キッチンカー(移動販売)の営業許可>

 

キッチンカーであれ、固定店舗であれ、飲食物を不特定多数の人に提供(無料提供も含む)する場合には必ず食品衛生法に基づく「営業許可」の取得が必要になります。

 

それではキッチンカーの営業許可とはどう言った物なのか?

これに関して言えば、営業許可は「キッチンカーだから」「固定店舗だから」と言う括りは無く、いずれも同様に扱う種別や営業の種類により必要な許可が決められます。

 

・飲食店営業

・菓子製造業

・喫茶店営業

・食肉販売業

・魚介類販売業

・乳類販売業

 

etc・・・。

 

営業許可の種別は固定店舗と同様のものとなります。

 

 

<営業許可取得の流れ>

キッチンカーを含めた飲食店を開業する際に「最も最初に行わなくてはいけない事」「保健所への相談」です。

 

理由は当然ですが「何を取り扱って良いのか?」「何を取り扱ってはダメなのか?」「どのような申請が必要なのか?」「どのような設備が必要なのか?」を決めるのはキッチンカー管理事業者でも無く、キッチンカー販売店でも無く「保健所」でしか無いからです

 

良く、開業を予定されている方から「○○はキッチンカーで扱えますか?」「どんな設備が必要ですか?」など、営業許可に関わる内容について質問を受けます

 

当然キッチンー関連の事業者も「ある程度」の範囲は解ります。

 

それでも最終的な許可を与える、それを判断するのは「保健所」でしか無いのです。

 

ここ数年でキッチンカーに対しても規定が変わっている個所も多くみられます。

それはガイドラインでしっかり明示されている訳ではありません。

 

なので勝手な判断行うと以下のような事態を招く可能性があります。

 

・キッチンカーを調達したけど、設備基準が満たされず許可がおりなかった

・取扱いをしようとしていた商品は調理が出来ないものだった為、許可がおりなかった

 

数百万円かけてキッチンカー(移動販売車)を手配したのにこんな事が起きたら大変です。

そんな事があってはならないので、営業許可の取得は必ず以下の流れで行ってください。

 

①保健所への相談 

⇒ 取扱い品目、仕入、設備、その他環境についてそもそも今検討している内容の営業が可能なのか?を確認

 

②キッチンカー製作検討

⇒ ①で相談した基準のキッチンカー(移動販売車)の設計準備を行い内外装の図面を作成

 

③保健所への図面確認 

⇒ ②で作成したキッチンカーの図面を持って保健所に最終確認を行う

 

④キッチンカー製作 

⇒ ③で保健所より事前に問題が無い旨を確認した通りに車輌準備 

 

⑤営業許可申請 

⇒ 車輛を保健所に持込み申請書を作成、事前確認の図面と実際のキッチンカーが相違無いかの確認を行い申請。

 

⑥営業許可取得

⇒ 地域により異なりますが、2日~5日程度で営業が可能な状態となります

 

確実は方法は上記の流れしかありません。

それ以外の流れを提案されるような事があったら十分に注意が必要です。

 

 

<営業許可の申請代行って大丈夫なの?>

良く「営業許可の申請も代行します!」なんて言うウェブ情報を目にします。

 

申請を代行してもらう際にしっかりと然るべき点を確認しないと後で大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

①その人(業者)は行政書士の資格を有しているのか?または行政書士が代書しているか?

⇒日本の法律では公的文書を人に変わって作成する際、「行政書士の資格が必要」です。

 

②申請内容は然るべき内容でされているのか?

⇒これが一番重要です。全部ではありませんが、実際に本来提供すべき品目では無い内容で申請されている事があります。理由は諸々あるのですが、最近は実際に提供をする予定の商品では無く「全く違う別品目」で申請をしている悪質な業者が居ますので十分注意してください

 

一見親切なサービスとも捉えられるこの「営業許可申請代行」については、実際に開業出来ない環境にある人間を半ば無理矢理開業させる為の策の場合があるので十分注意してください。

 

 

<まとめると>

・キッチンカーの営業許可は固定店舗と同様の種別があり、固定店舗と同じように取扱い品目に沿った営業許可を取得する必要がある

 

・営業許可の取得条件を決めるのは「キッチンカー関連事業者」では無く「保健所」なので必ず保健所へ確認、相談に行き、決められた手順で申請を行う

 

・「営業許可申請代行」については悪質な業者も多発しているので、しっかりと確認を行い然るべき申請がなされているかを確かめる必要がある

 

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>

レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?