【単記事】キッチンカー現状の課題

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>

キッチンカー現状の課題


キッチンカーを使った移動販売ビジネスは近年メディアにも取り上げられ、大変注目されています。テレビなどで取り上げられると、単に「流行っている」「今後どんどん増えている」言う認識を持ちがちだが、その業界自体にしっかりした構造が無い限り成熟していく事はありません。

 

本項では「キッチンカーによる移動販売ビジネスが抱える現状の課題」を中心に取り上げていきます。

 

①キッチンカーのお店は今どの位置にあるか?

皆さんはお店に食事に出向くときにどのように決めますか?

多くの場合は

・マクドナルドを食べたいな

・〇〇でステーキを食べたいな。

・〇〇にお寿司を食べに行こう。

など、多くの場合がお店の固有名を目的に食事の内容を決める事が多いと思います。

 

また、お祭りなどの場合は別で

・たこ焼きを食べたい

・焼きそばを食べたい

・リンゴ飴を食べよう

など、店の固有名では無く、商品名で選ぶものです。

 

上記は「お店」と「屋台」の違いです。

 

ではキッチンカーはどちらに近いでしょうか?

今までキッチンカーで購入した事がある方はそのお店の名前を憶えていますか?そもそも名前なんて気にもしなかったですか?。

 

これが答えです。

結局現状はキッチンカーで食べ物を買う事はたまたま、その場所にあったから、がほとんどで、そのキッチカーを目掛けてお店に出向くと言う文化事態がほとんどありません。

 

つまり、現状一般ユーザーからしてみると、キッチンカーに対する認識は「お店」と言うより「屋台」なのです。

 

②キッチンカー業界が今後成長していく為には?

①で書いた通り、解りやすく言えば現状キッチンカーの有名店は皆無の状況です。まだまだ現状は外食文化の中で一般固定飲食店とは比較できない存在な中で今後何をしていけば良いのでしょうか?。

 

まずは第一に「キッチンカーの有名店」が出る事です。

現状は「食の無い場所に食べ物を運べる」事で諜報されているキッチンカーですが、更なる発展の為にはいかに一般の固定飲食店に近づく事、つまりキッチンカーであっても固有名詞で来店してもらえるキッチンカー店舗が増えていく事が重要課題です。

 

これから、キッチンカーを開業される方が1年2年では無く、10年20年とキッチンカー店舗を生業として生きて行く為に、しっかりとしたブランディングを行い「有名店」になれる事を目指してください。

 

③事業者としての課題

弊社も含めた、キッチンカー開業に関わる事業者は今後何をしていかなければいけないのか?

 

それは、キッチンカーで移動販売を行う人がより良い環境で飲食物の開発、調理が出来るコンテンツを提供していかなければなりません

 

現状、キッチンカー内での調理は、十分に設備の整った固定店舗に対抗できるような環境ではありません。

 

数年後、数十年後には固定店舗に負けない、キッチンカーの調理開発環境を整える事が大きな課題です。

 

当然弊社でも随時課題解決に向けたプランを作っています。

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>