キッチンカーをレンタルで始める方法

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>

キッチンカーをレンタル(リース)で始める方法


<キッチンカーをレンタルで始めるメリットとは?>

最近はキッチンカー(リース)のレンタルを行う会社が増えてきました。

それ故に従来キッチンカーを開業するには「車輌購入」が必須だったものが、車を「借りて」開業が出来るような仕組みが徐々に出来上がってきています。

 

そのメリットはとにかく「リスクが少ない」と言う事です。

 

事業を始めるにあたって重要な事もまた、「リスクを最小限に抑える」事で、しかも、飲食業は他の業種に比べ閉店率がずば抜けて高い業界ですから、これを考える事は非常に重要な事です。

 

<リスクが少ないってどういう事?>

ではリスクが少ないと言うのはどういう考え方なのか?

キッチンカーにしてもなんでも同じですが、事業を始める人が陥りがちな考え方として「もし廃業に追い込まれた場合」の考え方を一切しなくなってしまう事です。

例えば。

¥75,000/月のキッチンカーレンタル(リース)をした場合1年の支払い総額は約¥900,000になります。

 

重要な事はこの¥900,000に対する考え方です。

 

もし今約300万円の車を買おうとしていた場合、1年で90万円掛かる分をその300万に充てた方が「得」と考えてしまう人が多いと言う事です。

 

リスクヘッジの考え方はそうでは無く、まずそもそもこのキッチンカーの事業は月¥75,000を補えるレベルの商売なのか?を確認する事が重要です。

解りやすく説明すると、1年間キッチンカー事業をやった時に¥75,000の支払いが厳しい状況になっていたら、その人にとってその事業は向かないもの、つまり辞めた方良いと言う事に繋がる訳です。

車輌を購入してしまった場合はそうはいきません。

逆に上手くいっていれば当然¥75,000も比重が小さく、2年目からは車輌を購入した際の返済計画なども含めしっかりとしたプランも作れます。

新しく事業を始める時に「やって見なくては解らない」事が多い中で、それを確かめると言う事が「リスクを減らす」事に繋がる事になります。

<注意点も沢山あります>

車を扱う事は当然、法律も多く関わってきます。

しかしながら当業界には法令順守を意識しない個人業者(小規模事業者)などが多い事も事実としてあります。

キッチンカーレンタル(リース)を使用する際はその部分の知識をしっかり持って安全な車輛を扱う事業者との契約をしていただくよう十分注意してください。

<まとめると>

キッチンカーのレンタル(リース)による開業は事業計画を立てる事や本当に自分にあっているのか?などを確かめるには最適です。

但し、しっかりとした事業者選定が必要なので十分注意してください。

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>