Lb`J[Jƍu

【単記事】何故キッチンカーはリース開業が最適なのか?

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>

何故キッチンカーはリース開業が最適なのか?


キッチンカーをリースで始めるのが良い訳

キッチンカーを開業をするには当然、「キッチンカー」が必要になります。現在のサービスでは「キッチンカー購入?」をするか「キッチンカーをリースするか?」の2択になります。その中で何故キッチンカーのリースが最適なのか?それについてお伝えしていきます。その理由は単に「初期投資が安いから」と言う物ではありません。逆に弊社が提供するキッチンカーリースサービスの初期費用は10万円ですが、「10万円だから開業しよう!」と思う方は失敗に向かってまっしぐらです。

①まずは本当にキッチンカーがあなたに合っている商売なのか?を確認する

弊社のキッチンカーリースサービスの料金は半年契約で「¥90,000」、1年契約で「¥80,000」です。(2020年7月から)。

キッチンカー事業はキッチンカーを購入、営業許可の取得を行った後に初めて「場所探し」になる事からスタートダッシュは他の事業と比べ比較的遅いながらも、半年を過ぎ1年に至る事にはある程度の地盤が出来てきます。

 

そして現在キッチンカーを営んでいる店舗が特段成功していると言うレベルでは無くとも継続できている店舗であれば¥80,000の利益が出るか出ないか?を彷徨う店舗もほぼ無いでしょう。

つまり、1年経過した時点で「月¥80,000のリース料が余裕の範囲」となっている方はキッチンカー事業を継続、逆に「月¥80,000のリース料がとにかく苦しい」となっている方は迷わず廃業で他の仕事を模索する、その現実的で正しい判断が車両購入をせず低リスクで出来る訳です。

 

キッチンカー事業を開業して、月¥80,000が厳しいと言う状況であれば、利益でみるとウーバーイーツの配達員の方が手元にお金が残るはずです。

まず第一にドンと数百万の車を購入するのでは無く、リスクを抑えて本当にこの仕事が自分に合っているのか?そうで無いのか?を確認して頂くのが重要です。

 

②キッチンカー購入は非常に怖い買い物。だからこそ沢山の知識情報をもってから

キッチンカー業界がテレビなどで頻繁に取り上げられるようになってから2,3年になります。そして現在この業界にもあらゆる事業者が参入してきており、「かなり荒れた状態」になっているのが事実です。その中でも「キッチンカーを販売する会社」がかなり増えてきて嘘を含めた売り文句で、「粗悪品の高額販売」やひどい場合は完全に「詐欺」の域にある業者も見られます。

 

何も知識が無い場合、どうしても「値段」「一見良い対応(人を騙す人ほど対応が良いものです)」ばかりが購入判断になってしまい、本質を見失った買い物をしてしまう物です。

最近キッチンカーを開業された方でもキッチンカーの購入について後悔されている方がかなり多く見られ、これから数年使う車に何か残念な気持ちが乗っていると精神衛生上良くありませんし、それが商売事態にも出てしまいます。

 

では、専門的な知識をいち早く身に着けるには「どうしたら良いの?と言うとそれは「不可能」です。

方法はただ一つ、人が使ってる沢山のキッチンカーを見たり、実際に他の人がキッチンカーを購入した際の良かった事、悪かった事を聞いてキッチンカーの購入先を決めるの事です。

 

キッチンカーリース期間の1年間でとにかく同業の仲間に現場などでキッチンカーの情報収集を沢山し、その先に作るキッチンカーを「大成功」させる事が出来るのです。

 

 

③リース終了後にキッチンカーを購入する際の融資審査が格段に楽になる

キッチンカーリースをずっと行う事はおすすめしません。そして1年程度行い、先が見えれば車両購入を検討する段階に入ります。

その際に自己資金でももちろん良いですが、多少の融資が必要な場合、1年間事業を行ってきた実績で審査がかなり楽になります。「初めての事業行う人」に対する融資審査と「1年間事業を継続した人」への融資審査の厳しさ驚くほどに雲泥の差です。

 

初めて事業を行う際はとにかく「お金」の事ばかりを気にして、大失敗をしてしまうケースが多くなる中、1年事業を行ってきた実績は「どの程度の返済能力があるのか?」においてかなり正確な判断基準となり、融資を含めた余裕ある資金の中で、より理想のキッチンカーを製作する事が出来るのです。

 

まとめると

リースサービスを使う事は初期投資ばかりに目が行ってしまいがちですが、もっと重要なメリットがあり如何にそれを生かして良いキッチンカー人生に繋げていけるかが重要です。

 

GOOD:先何年物キッチンカー生活を想定した時、より自分の理想のキッチンカーで商売が出来る

BAD:自分にキッチンカー事業が合わなかった場合でも最低限のリスクで新しい生活へ転換できる

 

ただ、金額だけではなく、本項で記載した事を意識していただきより良い計画に役立ててください。

 
キッチンカーの簡単相談はこちらから

キッチンカーの簡単相談はこちらから

友だち追加

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>