Lb`J[Jƍu

【単記事】キッチンカー業界は今後どう変わっていく?

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>

 

突然来たキッチンカーの変革期


誰も予想できなかった新型コロナウィルス

日本がオリンピックに沸き、それに伴い日本文化、観光、日本の食、様々な物が盛り上がりを見せ、日本経済も明るくなるはずだった2020年。突然「新型コロナウィルス」なる未知のウィルスの発生により、あらゆる分野で未曽有の危機を迎える事態となってしまいました。

イベント毎に強いキッチンカー業界もまた、この年は大盛り上がりを見せる筈だったのが。。。と言う状況です。

緊急事態宣言が解除され、日常に戻る経過でまた感染拡大。人間が意識的にこの事態を収束と受け入れるのはいつになるのか?また本当に今後数十年、数百年単位で生活様式を変化しなくてはいけないのか?今は全く分からない状況です。

 

今までのキッチンカーとこれからのキッチンカー

実際にテレビで報道されているレベルでは無いにしても、キッチンカーも少しずつ変化を見せているのは事実です。

今までは「オフィス街」「イベント」が9割以上が占めていたこの業界に新たな出店の形が加わってきている状況です。

 

まだまだ半年も経っていない「新型コロナウィルス」において、これが今後どのように世の中を変えるのか?はたまた変えないのか?は何とも言えなくとも、新たな動きが加わってきている事がこのキッチンカー業界においても大きな変革期と言えるのではないでしょうか。

 

東京都内であらゆる公園をキッチンカーの為に開放し始めた

元々一部の区立公園で区毎の製作で公園内へのキッチンカー導入の社会実験は行われて居ました。しかし今回、新型コロナウィルスの影響による飲食店の経営悪化に伴い、毛デリバリー、移動販売が注目される中、東京都がキッチンカーに対して都立公園の開放を始めたのです。

あくまで該当の地域内に「固定の飲食店」を持っている事が条件ではあるようですが、これはキッチンカーにとって非常に大きな出来事です。単に「場所が増えた」のではなくキッチンカー事業者にとっても「キッチンカー店舗」としての考え方を変えなくてはいけない時期に差し掛かってきたのです。

 

これからキッチンカー事業者にとって重要な事が変わってくる可能性がある?

これまで、多くのキッチンカー事業者は出店場所に対して「この場所は売れる」「この場所は売れない」などととにかく自分たちの商品は二の次で「場所」を主体とした商売をして来た人が多いのが業界の特徴です。※当然全てがそうでは無いですが

一般の固定飲食店では「サービスの工夫」「味やメニューの独自性」「その他他店との差別化」を意識し、沢山の顧客に認知され、「有名店」や「老舗」が出来たのは言うまでもありません。しかし今までのキッチンカーは大部分が「屋台的考え方」。つまり人「通りが多く、他に選択肢が少ないから売れる」と言う中で商売をしてくる事が多かったため、あまりサービスや独自性に対する工夫が見られない事も多かったのも事実です。

例えば花火大会の屋台でどんなに行列をしている店があっても、それは「有名だから」「そこが美味しいから」では無く「そこしか買う場所がないから」と言う理由で並んでいるだけと言うのと同様です。

 

しかし、この新型コロナウィルスに影響によりキッチンカーがより注目される中で、出店の形もまた多様化する事は大いに予想されます。

そしてその中で、今までは「屋台的思考」で商売をする人が多かったキッチンカー業過も、一般の固定飲食店と同様「サービスでの優位性」や「独自性」をもっと磨いていかないとキッチンカー業界では生き残れなくなっていく事になっていくのでは無いでしょうか?当然そこには今まで固定のお店をやっていた方が大量に進出してくる事も十分にあり得ます。

それはキッチンカー業界にとって発展の大チャンスで、「争いが生まれれば良い商品、店が生まれる」「良い商品、店が生まれれば業界は更に注目される」そんな流れの中で今まで多くの場所で「屋台」としてしか見られていなかったキッチンカーが「飲食店」として認められていく流れになっていくはずです。

 

まとめると

今までは意外と「儲かりそう」「ちょっと手軽だからやってみよう」と言う参入が多かったこのキッチンカー業界。今後は本気で「良い調理」「良いサービス」「しっかりとした店作り」をして行けないと全く持って勝負にならない業界になっていくのでは無いでしょうか。当業界に関わる物としてもそうあるべきであると思いますし、これが業界発展の大きなチャンスと感じています。

 

キッチンカーの簡単相談はこちらから

キッチンカーの簡単相談はこちらから

友だち追加

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>
<キッチンカー出店場所探しで、より選ばれる方法>
<キッチンカーレンタルで移動販売業を開業するには?>
<キッチンカー(移動販売)の収支計算?>
<キッチンカー(移動販売)の営業許可取得方法>
<今のキッチンカーとこれからのキッチンカー>
<レンタル(リース)で開業と車輌購入はどっちが良いの?>
<事業者として大事な事は事実を伝える事だけです>
<キッチンカー出店場所の重要事項>