コラム

2018.12.10

キッチンカー出店場所の探し方

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>

必見!キッチンカー出店場所の探し方!


 

<ウェブ上に流れる嘘>

 

「出店場所ってどうやって見つけるの?」

キッチンカーでの移動販売開業を検討されている方から一番多い質問です。

 

多くの方が「キッチンカーを買っても出店場所がなかったらどうしよう・・・」

こんな不安を抱えています。

 

 

そして不安な時こそ藁にもすがりたくなってしまう物です。

しかしそれは極めて危険な事。

 

不安のあるところに「誘惑」があるのもまた常です。

ウェブ上でも

 

「出店場所を斡旋します!」

「出店場所の紹介までサポート!」

 

などの話が沢山あります。

 

正にキッチンカーの出店場所で不安に感じていた人にはとても心強い内容。

しかしその甘い言葉に注意してください。

 

キッチンカー、移動販売の業界で

どこかの会社が特定の店舗に何不自由無く場所を提供してくれる

「そんな事実は絶対にありません!」

 

 

 

これはあくまでキッチンカー関連のフランチャイズや車を作らせたい会社の少し悪質なうたい文句ですし、仮に場所を紹介してくれたとしても、かなり売上が厳しい場所がほとんどなんです。

 

世の中、特に商売の世界ではそんな「おいしい話」無いと言うこと。

 

 

<どうやって探すの?>

 

前項でも記載した通り、この業界において、黙っていても誰かが「出店場所を紹介してくれる」なんて言う事実は「ありません」。そういう甘い文言に流されそうになった時点でもう「失敗」です。

 

当然同じ商売の土俵で誰が特別なんて言う事は無く、ある程度みんなが同じ動きをして、公平な中で出店場所を探していきます。その流れについて説明していきます。

 

基本の流れは

 

①情報を収集する

②情報を基に出店希望を出す

③選考

④決定 or 落選

 

①情報を収集する

まず第一に出店情報を収集する事です。

 

キッチンカーの出店場所に関する情報は色々な角度から流れてきます。

 

 

その1<出店場所管理業者>

 

イベントや定期営業においてキッチンカーが複数台営業しているような場所はその場所におけるキッチンカー(移動販売店舗)を一括管理している業者が入っている事が多くあります。

 

それらの会社は、自社管理の新規案件や既存案件に空きが出た際に、自社参加の「登録店舗」に出店の打診(募集)を行います。これが第一の「情報」です。

 

出店管理業者とは例として。

 

・ ワークスストア・トウキョウドゥ(ネオ屋台村)

・ MELLOW(TRUNCH)

・イベントフードプロ115

・ ケータバンク

出店情報ナビ

 

etc・・・その他複数ございます

 

上記のようなキッチンカーやその他イベントを専門とした移動販売の店舗管理会社があるので、このような会社からの情報を得られるようにしましょう。

 

どのように得られるか?についてですが、このような会社については店舗の登録を行う仕組みになっています。

登録の方法については「メールのみ」「説明会方式」など様々ですので会社へ確認を取って登録数を増やして行きましょう。

※現状(2018年時点)では特に「専属」である必要は無い、管理会社が多数ですので、複数の会社に登録する事は問題無いです

 

その2<スペース管理会社>

 

店舗軒先やその他の空きスペース等を管理する会社です。

こういった会社もキッチンカー専用の場所として紹介しているものも多くあります。

 

・自由市場

軒先ビジネス

 

etc・・・

 

こちらは人気スペースは定常的に埋まってしまっている、逆に空いている場所は過去に誰かしらがトライをして「ダメだった」可能性が高いスペースになります。

 

但し、新規案件も増える事から、「無駄」とは思わず、まめに良い場所が無いか?をチェックするのは良いかと思います。

 

 

その3<直接募集>

 

上記の2パターンは中間の管理会社が入るものでしたが、イベントやその他土地の持ち主及び管理者が直接募集しているケースもあります。

 

イベントホームページや各自治体がホームページで募集をしているケース、また掲示板などを使って募集されるケースも多くあります。

 

▼掲示板関連

・軒先新聞

・ジモティ

 

etc・・・。

 

その他「キッチンカー 出店募集」などの検索により、様々な情報がありますので、日常的にチェックする事が重要です。

 

②エントリーを行う

 

情報収集が出来たら次はどのイベントに出店したいのか?を精査しエントリーを行います。

 

開業当初の人に見られがちなのは「なんでもかんでもエントリーしてしまう事」

確かに最初は不安もありますし、とにかくいろんな場所に”応募”と思いがちですが、しっかりとスケジュールを整理しながらエントリーしましょう。

 

決定後のキャンセルは管理会社やその他関係者からの印象はかなり悪く、もう二度と扱ってもらえない可能性もあります。

 

 

③あとは結果を待つ

 

エントリー後に様々な審査や精査が行われます。

 

ここで冒頭の話に戻りますが、この選考の際に「誰が選考するのか?」と言う事が「特定の店舗を優遇して斡旋する事は無い」理由です。

ケースバイケースなのですが、「管理会社が選ぶのか?」「イベント主催者、場所の持ち主が選ぶのか?」

の2つになります。

 

基本的に1管理会社は少なくとも100以上の店舗を管理しています。

 

あなたが管理者だったら。

 

より良い店舗を管理者としてクライアント(この場合、イベントの主催者や場所の持ち主)により良い提案、サービスを提供しなくてはならない中で、「自社で車輌を作ったから」「自社の加盟店だから」の都合を加味するのはいいサービスには繋げられません

 

また、あなたが主催者(土地の持ち主)だったら。

 

どこの加盟店、どこで車輌を制作した、なんて事は関係無く気に入ったお店を選定するはずです。

 

<まとめると>

キッチンカーで移動販売を運営している人

 

・イベントや出店場所の情報をより多く収集する

・スケジュール管理をしながらエントリーを行う

・決定によりスケジュールを埋めていく

この作業を日繰り返し行っている事にほかなりません。

 

現場でお付き合いが出来た同業さんに紹介してもらうなど副産物的な物もありますが、基本は上記をみんなが常に行っていると考えて間違えありません。

 

それでは「どうしたら選考に選ばれるか?」については別項で記載いたします。

 

 

 

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>

2018.12.6

キッチンカーの開業資金はいくら必要?

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>

キッチンカー開業の資金はいくら必要?


 

日頃より多数のお客様より問い合わせを頂く本内容について、記載していきます。

 

やはり新規開業を検討されているお客様からお問い合わせいただく内容で一番多いのは

「開業するのにいくら掛かりますか?」

この質問です。

 

類似では

「○○の移動販売車を作りたいけどいくらですか?」

このような内容です。

 

 

実はこれが最も回答が難しい質問です。

 

例として、家を建てようとした時に「4人で住む家を建てたいんだけどいくらですか?」と聞いてすぐに値段の返答が返ってくる住宅メーカーはなかなか無いと思います

 

そうなんです!「キッチンカー(移動販売車)を制作する」と言うのは「家を建てる」事と似ています

 

   

 

4人で住む家でも「何部屋作るのか?」「一部屋当たりの広さはどの程度なのか?」「床はフローリングなのか?大理石なのか?」一言で4人で住む家でも1,000万円程度のものから1億円を超える家もあります。

 

キッチンカー(移動販売車)も同様で「様々な要素」により値段が決まってきます。

何を作りたいか?と言うのはあくまで「調理機材」の問題ですので、その値段は調理機材の値段に過ぎません。

キッチンカー(移動販売車)だからと言って「キッチンカー用の機材」を使うわけでは無くあくまで一般の調理機材と同様ですので、その金額は通常販売されている通りの金額です。

 

それではキッチンカーの金額を決める要素は何になるのか?

 

 

①どのような車輛をベースとして使うのか?

 

これはキッチンカーの問題では無く、キッチンカーを作る為に必要なベースとなる「車輌」の問題です。

この部分についてはキッチンカー(移動販売車)に関して知識が無くても解りやすい部分かと思います。

 

・軽自動車なのか?

・大型トラックなのか?

・希少価値の高いヴィンテージ車輌なのか?

etc・・・。

 

 

 

 

それに続き

 

・新車なのか?中古車なのか?

・車輛の程度は良好なのか?

・何年前の車輌なのか?

・走行距離は何キロの中古車なのか?

etc・・・。

 

      

 

まず、この条件の違いで大きい場合数百万円の差は生まれます。

②どこまでこだわりたいのか?

キッチンカー(移動販売車)を制作するうえで、考え方は様々です。

 

・調理さえ出来れば良い人

・より快適に調理がしたい人

・お客様からの見た目も気にする人

 

お店をやるにしても考え方はそれぞれです。

固定の店舗にも、ビール瓶のかごを椅子とする店もあれば、高級家具を椅子とする店もあります。

 

その中で、それぞれが何をしたいのか?が費用に大きく関わってきます。

キッチンカーの費用を決めるこだわり要素を記載します。

 

<使用素材>

製作業者にもよりますが、基本どんな素材でも使えます。

例えば、内装(壁、天井、床材 etc・・・)を全て「ステンレス」にしたいのか?「アルミ素材」なのか?はたまた「木製」なのか?更に木を造形した特殊なものなのか? etc・・・外装も同様です。

 

 

 

 

<販売用の扉>

一言でキッチンカーと言っても、キッチンカーとは「調理を出来る車」であって外装に大きな規定はありません。これもこだわり要素になりますが、販売窓もこだわりにより様々でこちらも内容により金額が変動します。

 

 

<その他>

その他、内外装の施工以外にも金額を決める要素は多数あります。

 

・タンクはどのような素材なのか?

・シンクはどのような素材なのか?

・電気配線はどうなっているのか?

・換気扇はどのような製品を使ってるのか?

・換気扇周りにフードはついているのか?

 

etc・・・金額を決める要素は無数あります。

中には「とにかく安く作る事にこだわる」方もいますし、いずれにしても自分はどのような物をどのレベルで作りたいのか?が大きく関わります。

③その他機材

冒頭にも記載した通り、こちらはあくまで「キッチンカー用」の機材では無く、固定店舗(家庭用など)

などと同様の機材を使うので、それぞれがどの機材を使いたいのか?を確認しその金額をウェブ上で調べれば算出しやすいかと思います。

<まとめると>

前述のとおり、キッチンカー(移動販売車)を制作するにもさまざまな要素により値段が決まっていきますが、弊社の実績値として、大まか以下の通りが参考値となります。

 

小型キッチンカー:70万円~400万円

中型キッチンカー:230万円~800万円

 

参考にならないほどの金額の開きがありますが、これが事実です。

つまり、安くも高くも出来る中から各自コンセプトと予算の中でどのような物を作るのか?を検討頂くのが良いと思います。

 

<ちなみに>

開業資金の多くを構成するのは「車輌」ですが、その他大まかな機材なども必要になります。

 

・発電機

・その他機材

・看板

etc・・・

 

大きい金額のものは「発電機」ですが、このあたりはウェブ上でも正確な調査が可能ですので必要な機材の確認と費用を計算し、初期費用の割り出しをしてみてください

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>

2018.12.5

キッチンカーで独立開業するメリットとは?

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>

キッチンカーで独立開業するメリットとは?


<なぜキッチンカー?>

これからキッチンカーを開業しようとしている方にとって、「何故キッチンカーなのか?」をしっかり把握する事は非常に重要なことです。

まず、第一にウェブ上に横行している最も間違えた情報があります。

それは

「キッチンカーは固定店舗に比べて開業資金が安い!」

と言う、何の根拠も無い虚偽の記事です。

 

 

そもそもどこから派生したかこの情報は完全に「嘘」です。

そもそも固定店舗とキッチンカー(移動販売)では物が違いますから比較対象にはなりません。

※当然車の費用も入りますから実際に同規模(広さ)、同クオリティーの場合、地域にもよりますがキッチンカーの方が開業資金は高くなることが多いです

 

そこでキッチンカーで開業する事の本当のメリットをまとめてみましょう。

開業において重要な項目を「いかに成功する?」では無く「いかに商売として安全か?」と言う観点が重要と捉え以下まとめていきます。

 

<キッチンカーで開業するメリット>

 

①<移動が出来る>

 

まず、当然ながらキッチンカー(移動販売)の第一のメリットです。

 

固定店舗を開業する際に一番重要なのはやはり「立地」です。

かなりのブランド力が備わった商品で無い限り、立地条件の判断を誤ってしまうと、どう頑張っても立ち行かなくなってしまいます。

最近ではSNSによる話題の拡散で僻地などでも突然爆発的に繁盛する店も出てきていますが、これは宝くじが当たるような現象です。

 

その点、キッチンカーは立地で想定されるリスク

 

・出店場所の判断を誤る

・同業、同類他社が近隣に出店する

・大手企業が近隣に参入する

 

などの飲食店の代名詞とも言えるリスクである上記問題とは無縁のものなのです。

 

つまりキッチンカー(移動販売)の「移動出来る」と言うコンテンツは時代の変化や周辺環境の変化に対応出来、あらゆる独立開業の目線から見てかなり「安全」なコンテンツと言えます。

 

 

 ②<業態変更が簡易に可能、複数業態運営が可能>

 

飲食業界もまた、目まぐるしい時代の変化があります。

それ故に、3年前の爆発的なヒット商品も今日は全く等と言うケースも多くみられます。

 

そしてその変化に柔軟に対応出来るのがキッチンカー(移動販売)です。

 

固定店舗の飲食店が「今日、牛丼屋」「明日クレープ屋」になる事はかなり難しい事ですが、これをキッチンカー(移動販売)では簡単に出来るんです!

 

 

その理由は

 

・看板の付け替えが容易

 

固定店舗で業態を変えようとすると、「大掛かり看板の付け替え」「雰囲気事態を変える」など様々な手間と費用が発生します。ましてやこれを1日でやる事はまず不可能だと思います。

 

キッチンカー(移動販売)の場合は予め、看板や業態転換を見越した仕様に作っておけば比較的容易かつ安価で業態を変更することが可能です。

 

ただし!

なんでもかんでも、色々な物に手を出して軸の無い店舗になってしまう事は注意しましょう!

あくまで、色々な事にチャレンジ出来るという事です!

 

③<撤退コストが掛からない>

 

キッチンカー(移動販売)に限る事では無いですが、やはり商売を始める以上、全てが順調に上手く進む訳ではありません。それだけでは無く、やってみたけど「やっぱり自分には合わなかった」と言う結論に至る可能性もあります。

 

そして撤退する時にはどうしても「お金」が無い物です。

固定店舗では撤する際に「撤退費用」と言う物が大きくのしかかります

※中には居ぬき販売できるなどもありますがなかなか納得のいくレベルでの取引は難しい事が多いです

 

その点キッチンカー(移動販売)の撤退にコストは掛かりません。

その上、キッチンカーは車輌から全て資産ですから買い手とのタイミングにもよりますが開業資金の1/4~1/2は戻ってくる事が多く、固定店舗と比較するとリスクが極めて小さいと言えます

<まとめると>

 

①移動する事が出来る

・環境に依存せず常にマーケットを探せる

・人が集まる場所に店を構えられる

 

②業態の変更が可能

・流行や時代に合わせた商品選びが出来る

・その場のマーケットに合わせた商品選定が可能

 

③撤退コストが掛からない

・万が一の撤退時のリスクが小さい

・売却益でマイナスリスク軽減

 

▼つまりキッチンカー(移動販売)ビジネスとは

 

時代や環境の変化に合わせてマーケットを選択出来、そのマーケットに合わせた商品を柔軟に選定出来る。今季とセンスがあれば、「必ず成功まで辿り着けるモデル」なのです。

 

更に仮に廃業になった時に「リスクが小さいモデル」なのです。

 

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>

2018.11.1

キッチンカー移動販売コラム


▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>

キッチンカー、移動販売コラム開始


昨今、あらゆる情報がインターネット上に交錯し、その中には現実との乖離が大きなものも多く、情報資源としてのインターネットが逆に混乱を招いてしまう物となってしまっているように感じます。

 

弊社に相談にいらっしゃるお客様においてもまた、インターネットでの情報収集が多く、事実と乖離のある情報を知識として持ってしまっている方が多くいらっしゃいます。

 

この記事を読んでいらっしゃる方もまたそうだと思いますが、「新規事業立ち上げ」「一世一代の独立」など皆さんが大きなチャレンジの前である事が多いと思います。その中で皆さんにより未来の明るい開業に近づいて頂く為に「キッチンカーとは?」「移動販売ってどんな仕事なの?」などイメージのしている事と事実は違う部分もあるかもしれません。

 

本コラムはキッチンカーによる移動販売ビジネスが実際どういう物なのか?を事実に基づいて発信し、今後キッチンカーでの移動販売ビジネスを検討している方にとってより有益な情報として、より成功へ近づいていく事を願っております。

 

 

▼関連記事
<コラム開始の経緯>
<キッチンカーで独立開業するメリットとは?>
<キッチンカーの開業資金はいくら必要?>
<キッチンカー出店場所の探し方>