【徹底解説】キッチンカーに必要な設備や使いやすい内装のポイントとは?

キッチンカーで移動販売を行う時に必要な設備って具体的にどんなものがあるのかな?

キッチンカーの内装って、どんなものを選んだらいいんだろう?

街中やイベントで見かけることが増えたキッチンカーですが、内装部分までしっかり見たことがある人は少ないのではないでしょうか。キッチンカーで移動販売を行うには、保健所の営業許可を取るための設備が必要です。また、キッチンカーでの営業を快適に行うためには、内装部分にも工夫が必要となります。今回はなかなか知ることのない、キッチンカーの設備や内装について詳しくお伝えしていきます。

キッチンカーに必要な設備

キッチンカーで移動販売をするには、営業する地域を管轄している保健所の営業許可が必要になります。営業許可を取る際には、保健所が定める基準に沿った設備のキッチンカーを持ち込んで検査してもらいます。

2021年6月に行われた食品衛生法の改正によって、キッチンカーの設備基準は全国統一になりました。

では、保健所の検査ではどのような設備が必要になるか解説していきます。

【シンク】

キッチンカーの設備として、シンクは「手洗い用」と「調理器具洗浄用」の2つを設置する必要があります。自動式又はレバー式の非接触型蛇口を設置する必要がありますので注意しましょう。

検査の際には実際に営業する時と同じように、手洗い用の石鹸や手指消毒液を設置しておくのを忘れないようにしましょう。

【給排水タンク】

手や調理器具を洗うための給水タンクと、使用後の汚水を溜めておく排水タンクの2つのタンクを設置する必要があります。タンクは営業終了後に必ず清潔に洗浄しましょう。汚れが多いと洗浄が大変になるので、調理器具は持ち帰って洗うなど工夫も必要です。

タンクの容量に合わせた食品及び食器類の取り扱いは以下の通りに定められています。

【照明設備】

車内の明るさを十分に保つことができる照明設備が必要とされています。照明の色をお店の雰囲気に合わせることで、個性をアピールすることもできます。何ルクス以上といった基準を設けていることもあるので、営業する地域を管轄している保健所に確認してみましょう。

【換気扇】

キッチンカーの中で調理をすると油汚れなどがたまりやすくなるため、換気扇の設置は必須です。埃や虫の侵入を防ぐためにも、換気扇カバーを付ける等の工夫をしましょう。

【扉付き収納スペース】

調理器具やトレーなどの備品を保管する棚や収納ボックスなどの保管設備の設置が必要です。こちらも埃や虫の侵入を防ぐために扉付きのものを設置するようにしましょう。その他に従業員用の衣装ケースが必要になる事もありますので、保健所へ確認をしてみましょう。

【冷蔵設備】

食材を衛生的に管理するため、冷蔵設備を設置しましょう。コールドテーブルの場合は必要ないですが、家庭用冷蔵庫の場合、庫内温度計が無いので、必ず庫内の温度が分かるように必ず温度計を設置しましょう。

走行中も使えるように保健所から指示がある場合はポータブル電源などを用意して対応しましょう。

【蓋付きゴミ箱】

車内に設置するゴミ箱は蓋付きのものを用意しましょう。水分や臭いが漏れない構造で、清掃しやすいものにする必要があります。キッチンカー内を衛生的に保つためにも、十分な容量のゴミ箱を設置してください。

【電源装置】

走行中に冷蔵庫を稼働させることや、水道の給水ポンプなどには電源が必要になります。ポータブル電源ですと使いやすくおすすめですが、消費電力の大きい機器を使用する場合には向いていません。

発電機も用意することで、出店先で電源確保できない場合でも安心して営業できます。使用する調理家電も含めた必要な電力量を計算して、十分な電力を確保できるように準備しましょう。

【間仕切り】

大半のキッチンカーには必要ない項目ですが、バン車などを改造する場合は、保健所の定める基準により、運転席部分とキッチン部分を完全に仕切る必要があります。

キッチンカーの内装

キッチンカーというと設備を重要視してしまいがちですが、作業のしやすさのためには内装も考慮する必要があります。作業する人数や調理メニュー・工程に合わせて内装を考えていきましょう。

【床】

キッチンカー内で調理をすると、床は間違いなく汚れてしまいます。除のしやすい素材を選び、キッチンカーの車内を衛生的に保つようにしましょう。水拭きできる素材を選ぶと、油汚れなども落としやすく快適に使用できます。

クッションフロアを使用している業者さんもいますが、実際には機材の積み下ろし時に傷が付いたり、油汚れで滑ったり、掃除に不向きなのでキッチンとしては不向きです。必ず重歩行用のシートや、縞板鋼板などの素材を使用するようにしましょう。

また、夏の暑さ対策として断熱材を敷くと少し快適になるかもしれません。。

【壁・天井】

調理作業する部分の壁は、キッチンパネルを貼ると掃除がしやすくなります。また、夏のキッチンカーの車内は想像以上の暑さになります。床と同様に、天井も壁も断熱材を使うと少し快適になるでしょう。

また、換気扇は壁又は天井のどちらかに必ず設置してください。火器を使用する場合は防炎素材を選ぶと安心です。

【窓・扉】

キッチンカーといえば、大きな販売窓が印象的です。調理している姿が見えるように設置することによって、出来立ての料理を提供する印象を与えることができ集客効果が高まります。

跳ね上げタイプを使用すると、雨除けや日除けになりお客様も利用しやすくなるのでおすすめです。扉は観音開き型にすると、設備や物の出し入れがしやすくなります。

まとめ

今回はキッチンカーに必要な設備と内装についてお伝えしました。

設備は保健所の基準に則る必要がありますが、内装部分に関しては工夫次第で使いやすいキッチンカーにすることができます。提供するメニューや調理工程・作業人数をよく考慮して決めていくと失敗が少なくなります。

ぜひ、長く愛用できるようにご自分のキッチンカーに合わせた内装を考えていきましょう。

業界初!10万円でキッチンカー開業できるフルサポート付きの新プラン↓
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

(台数限定)キッチンカー開業予定者は必見です。
従来とは比較にならない超低投資型キッチンカー開業を実現。

しかもプロによる無料フルサポートで開業前はもちろん開業後の不安も全て解消。

ケータバンクが提供する10万円開業のフルサポートプラン
「実車見学・サービス説明会」を随時開催しています。

▼詳しくはこちらから

※少人数制の為、早めのご予約をお願いします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

関連記事